2007年07月03日

ハヤテのごとく第13話ー「夏を制するものは受験を制するらしいっすよ」

再び、ハヤテのごとくについて書き込もうと思いますが。
いろんなアニメの感想をかくつもりだったのが、ほぼ「ハヤテ」のみの結果に。時期が経過すればそれなりに増えていくと思いますので。
なんで、わざわざ先週の感想を今やるのか?それはぜひ取り上げたいと思った一つのネタ(私はまさかこれもパロネタとは思わなかったが)があるためである。

--ネタバレ

そのパロネタとは「もえたん」だ!



「もえたん」とは

2003年の秋に三才ブックスより発売された英語学習と二次元(アニメ調)美少女を組み合わせた英語参考書。内容的には、一つの英単語に対して、その解説と一つの例文が組になったものが多く掲載された単語学習帳


これがハヤテと結びついてるのか
試験の日にハヤテの持っていた参考書「もえたん」
ナギが言った「その参考書では絶対受からんと思うがな!」と言った本が「もえたん」

そう、これは「パロディネタ」だった!!!
全く気づかんかった!ただのボケの道具だと思ってたのに…
さらに気になって詳しく調べたら、

UHFアニメとして2007年7月から放送開始―まさかアニメ化まで決まってるとは。wikiがなければ知らぬままだったろう。
さらに、監督が「ハヤテのごとく!」「月面兎兵器ミーナ」の
川口敬一郎

はっ、(ここで単行本4巻を読み返す。)

すでに、作者の畑がパロディネタやってたーーー!
これは、原作のパロディネタだったのかー!
完全にボケの小道具と思っていた。

ま、ま、ま、まさか作者が監督にもえたんを勧めたからアニメ化に(デデ〜ン)

…んなわきゃぁない(byたもり)

そんなわけで、その事実を伝えたいがために、わざわざ記事にしたのだ。ちなみに、「ハヤテ」「もえたん」でブログ検索をしたが、そんなには話題になってなかった。話題になっててもアニメで興味を示したブログがある程度だ。
このことから、サンデーでmoeたんで学習してるハヤテを見た人もボケの小道具にしか思わなかった人も多かったのではなかろうか?
私のように。

○その他の話題
白皇学園の理事長の声が豊口めぐみ。
これは意表を突かれた。意外と男性役の声もいけるとは。
デスノートでもタッチの南役でバリバリ清純派声の日高のり子が
デスノートでニアを演じたり、(そして、うまくいっている)

原作には無いタマとクラウスの「ハヤテの勉強と睡眠の妨害」が追加された。ちなみにアイキャッチは
「照れてます。久々の出番で(クラウス)→デラックスアニメーーション タマのごとく(タマ)」だった。

--ネタバレ

リンク
http://seraraku.blog58.fc2.com/blog-category-46.html
http://smallanimer.seesaa.net/article/46072837.html
http://blog.livedoor.jp/genneigennjitu2005/archives/50992696.html
ハヤテのごとく! 12 (12)
ハヤテのごとく! 12 (12)畑 健二郎

小学館 2007-07-18
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アニメディア 2007年 07月号 [雑誌]
アニメディア 2007年 07月号 [雑誌]
おすすめ平均
starsなんか中途半端な創刊企画

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


posted by 第35代アニメ王の嫁 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(6) | ハヤテのごとく!

ケンコー全裸系水泳部ウミショー第1話が遂に始まる

織塚の特定キャラクターへのドン引きギネスに載るほどのSっぷりが大好きな管理人です。
遂に始まります。私は参考にしてるものとしてwikiをチェックしながら感想かいてますが、U局系アニメなんですね〜
アニメになるのは嬉しいけど、U局アニメになると3ヶ月か半年と期間が既に決まってるのがちょっと寂しい。
ここは、人気が高まっての続編放送の可能性に期待するとして…
主人公はめちゃめちゃ元気キャラだからなぁ〜
それがテレビで現れるかどうか
制作会社はアートランドでリボーンのアニメも放送してる実績もあるから作画的には安心してるけど(でも、リボーン見てるとキャラクターデザインが何か角ばってるんだよなぁ…)
生天目仁美が演じるのはちょっと楽しみ。あのきっつい性格はしっかり再現できそう
ゴマちゃんや野原ひまわりなどを演じた人が、人間のくずのどぐされな小心者役(ぉい)・武田を演じるのは少なからずショックを受けた。なんかイメージ違うなぁ…
マキオを演じる人もスノウや端本ちなみ演じた清水愛。
でも、天然ボケかあどけない少女を演じることが多いというwikiの説明に多少納得

○マガジンはアニメ化に消極的
あんまりアニメ化しないねぇ〜
いつも1〜2本くらいしか見ないけど
7月からは久しぶりに「over drive」に加えて「ウミショー」「さよなら絶望先生」など初めてじゃないかと思うほどの3本を放送。(そのうちの2本はU系アニメなので、半年以内には2本とも終わると思うが)
U局アニメも最近はマガジンやサンデーの扱うようになってきたので、今後もその傾向は増えるようです。

これで、ネットラジオも本格的に始まりますな。「準備運動」は正直生天目一人でがんばっててさみし〜い感じ

posted by 第35代アニメ王の嫁 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記