2007年07月03日

ケンコー全裸系水泳部ウミショー第1話が遂に始まる

織塚の特定キャラクターへのドン引きギネスに載るほどのSっぷりが大好きな管理人です。
遂に始まります。私は参考にしてるものとしてwikiをチェックしながら感想かいてますが、U局系アニメなんですね〜
アニメになるのは嬉しいけど、U局アニメになると3ヶ月か半年と期間が既に決まってるのがちょっと寂しい。
ここは、人気が高まっての続編放送の可能性に期待するとして…
主人公はめちゃめちゃ元気キャラだからなぁ〜
それがテレビで現れるかどうか
制作会社はアートランドでリボーンのアニメも放送してる実績もあるから作画的には安心してるけど(でも、リボーン見てるとキャラクターデザインが何か角ばってるんだよなぁ…)
生天目仁美が演じるのはちょっと楽しみ。あのきっつい性格はしっかり再現できそう
ゴマちゃんや野原ひまわりなどを演じた人が、人間のくずのどぐされな小心者役(ぉい)・武田を演じるのは少なからずショックを受けた。なんかイメージ違うなぁ…
マキオを演じる人もスノウや端本ちなみ演じた清水愛。
でも、天然ボケかあどけない少女を演じることが多いというwikiの説明に多少納得

○マガジンはアニメ化に消極的
あんまりアニメ化しないねぇ〜
いつも1〜2本くらいしか見ないけど
7月からは久しぶりに「over drive」に加えて「ウミショー」「さよなら絶望先生」など初めてじゃないかと思うほどの3本を放送。(そのうちの2本はU系アニメなので、半年以内には2本とも終わると思うが)
U局アニメも最近はマガジンやサンデーの扱うようになってきたので、今後もその傾向は増えるようです。

これで、ネットラジオも本格的に始まりますな。「準備運動」は正直生天目一人でがんばっててさみし〜い感じ

posted by 第35代アニメ王の嫁 at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4573705

この記事へのトラックバック